獨股山 前山寺

未完の塔 くるみおはぎの接待

前山日記

5月17日 気がついたら…

 

あっという間に時間は過ぎ。

立夏の翌日には今年初めての春蝉が!

藤・牡丹・ツツジと境内を賑やかにしていてくれていた花たちは

次の季節へとバトンタッチ。

緑も春のやわらかい緑から夏の緑へと変わってきました。

 

そんな中、ふと気がつくと。

ヒトツバタゴがもうすでに満開でした!

 

DSC00251

 

細かい花でいい香りがします。

「これは何の木でしょう?」というのは、

総称して「ナンジャモンジャ」とも言うそうですが、

このヒトツバタゴもナンジャモンジャ。

 

弘法大師さまを強くなってきた日差しから守っています。

 

DSC00253

4月28日 薬医門修復工事完成間近

 

3月より山門の薬医門の修復工事をしており、

西門への迂回をお願いしてご不便をおかけしておりました。

大工さんのお仕事が終わり、足場が外れたので

本日より正面から入山していただけるようになりました。

 

DSC00241

 

この薬医門は、約200年前の門を昭和8年にお檀家さんのご寄進により

25㎞ほど離れた村より移築されました。

今でこそ簡単に25㎞はたどり着けますが、どんな大掛かりな

お引越しだったのでしょう‼

 

石畳の歪みはもとより、門の足元が崩れてくる心配があり、

耐震工事も含めて今回の改修工事となりました。

大工さんは、新伝統工法という昔ながらの釘を使わない技術を

頑なに守っている三浦創建さんで、毎日1時間半の道のりを

往復して下さっていました。

基の柱を切り取り、それに合うよう細かく微調整した新しい柱が

足されています。

 

DSC00243   DSC00242

 

 

 

3年前に本堂の茅葺屋根の工事の折に、この門の屋根も

手入れをしていただきました。

 

石畳もひとつひとつ石をどけて下地を調整し、

歪みのない美しい石畳へと。

柱を支える大きな石も、土の上にしっかり顔を出してくれました。

 

瓦も新しく。

 

壁は漆喰で。まだこれから3度ほど塗っては乾かし、という

工程を踏まなくてはなりません。

 

DSC00236

 

まだ全体の完成には至っていませんが、

 

茅葺屋根・新伝統工法の大工さん・瓦屋根・漆喰の壁・石畳

と5つの職人さんによる技術の総結集は本当に見事です!

職人さん方の連係プレーとそれを見守る設計士さん。

何だかとっても格好よかったです。

 

ぜひ門の歴史と、職人さん方の今も元来のやり方を

守っている技術を目にしてみてください。

 

DSC00245

4月28日 今日の藤の様子

 

3部咲きくらいでしょうか

IMG_5865IMG_5866

 

 

牡丹も咲き始めました

IMG_5867

4月26日 藤の開花状況2

真っ青な空に新緑が美しいです。

藤は1分咲きといったところでしょうか。

 

DSC00232

 

しばらくお天気続きそうなので、来週あたり

藤が満開になる前が見頃となりそうです。

GWにちょうどいい…かな。

 

DSC00230

4月23日 境内の花

 

ハナカイドウ

IMG_5796

 

 

ヤマツツジが見頃です

IMG_5803IMG_5809IMG_5813

 

 

風が吹いて桜吹雪がとてもきれいです

IMG_5810

 

 

大きな銀杏の木の根元にもかわいい新芽が顔を出しています

IMG_5804IMG_5819

 

 

イカリソウ

IMG_5805IMG_5814IMG_5818

 

 

 

石垣の間からすみれがひょっこり

野の花はたくましいですね

IMG_5815

 

 

 

藤も上のほうの2房ほどが花を開き始めました

花房もだいぶ伸びてきています

IMG_5800IMG_5798


#