獨股山 前山寺

未完の塔 くるみおはぎの接待

4月28日 薬医門修復工事完成間近

 

3月より山門の薬医門の修復工事をしており、

西門への迂回をお願いしてご不便をおかけしておりました。

大工さんのお仕事が終わり、足場が外れたので

本日より正面から入山していただけるようになりました。

 

DSC00241

 

この薬医門は、約200年前の門を昭和8年にお檀家さんのご寄進により

25㎞ほど離れた村より移築されました。

今でこそ簡単に25㎞はたどり着けますが、どんな大掛かりな

お引越しだったのでしょう‼

 

石畳の歪みはもとより、門の足元が崩れてくる心配があり、

耐震工事も含めて今回の改修工事となりました。

大工さんは、新伝統工法という昔ながらの釘を使わない技術を

頑なに守っている三浦創建さんで、毎日1時間半の道のりを

往復して下さっていました。

基の柱を切り取り、それに合うよう細かく微調整した新しい柱が

足されています。

 

DSC00243   DSC00242

 

 

 

3年前に本堂の茅葺屋根の工事の折に、この門の屋根も

手入れをしていただきました。

 

石畳もひとつひとつ石をどけて下地を調整し、

歪みのない美しい石畳へと。

柱を支える大きな石も、土の上にしっかり顔を出してくれました。

 

瓦も新しく。

 

壁は漆喰で。まだこれから3度ほど塗っては乾かし、という

工程を踏まなくてはなりません。

 

DSC00236

 

まだ全体の完成には至っていませんが、

 

茅葺屋根・新伝統工法の大工さん・瓦屋根・漆喰の壁・石畳

と5つの職人さんによる技術の総結集は本当に見事です!

職人さん方の連係プレーとそれを見守る設計士さん。

何だかとっても格好よかったです。

 

ぜひ門の歴史と、職人さん方の今も元来のやり方を

守っている技術を目にしてみてください。

 

DSC00245