獨股山 前山寺

未完の塔 くるみおはぎの接待

2015年

2015年12月

冬囲ひして 牡丹の 歓喜かな       雨宮桂子

晩秋に おとずれし寺 奥ゆかし

はく息の 白きさみしさ 前山寺       富子

清き風 さそふは我の 先の身のふり

指先に 感じる冷たさ ぬくもりを

わが心 静けさの中で 洗わるる       雅代

冬枯れに 三重の塔 見上げたり      崎川晶子

雲流る 師走の空に あたたかな

     日射しを浴びて 気持ち良き哉   信弘

 

2015年11月

青天に 裾野色彩る 陽の光り

秋色に 身も心も染まる 古刹かな    坪田眞治

前山寺 いちょうの黄色 みあげたり

黄葉散る 未完の塔の そびえたつ

喜寿近く 生きてるだけで 感謝する   久田千恵子

生・老・死 生を極めて 天命をまつ   林光

秋雨や もの言わぬ画布 並びをり

前山寺 三重の塔 天高し        梅原忠雄

絶景に くるみのおはぎ あたたかさ    大友美幸

塔眺め ゆれるすすきで 秋感じ     一茶

黄葉と くるみおはぎに 舌鼓       佐藤忠

 

2015年10月

三重の塔 銀杏紅葉と 並びをり     敏之

前山寺 塔に向かいて 秋惜しむ    栄美子

秋の日に 静かに響く 願い鐘    

前山寺 銀杏色付き 実が落ちる

色付いた 境内今日も すがすがし   竹花英宏

大イチョウ 長生き願って 手をふれる  渡井勝也

銀杏の 盛りや塔へ 廻り径       金子順一

秋澄めり 信濃の黒き 三重塔     金子栄子

銀杏の たわわに枝垂る 前山寺    金子栄子

茶柱や くるみお萩の 寺に座し     一江

前山寺 くるみおはぎと 色もみじ   

雨上がり かやぶきの黒 そらの青   

古に 思い巡らせ 塔仰ぐ        眞臣

前山寺 ぎんなん拾ふ 旅の人     堤てる夫

雨したる かやを葺き替え また百年  細越

老いたりし 吾が身を助く 前山寺   

年老いた 人生最後の 願ごと   

秋深し 塩田の山も リンゴ色     貴大

 

2015年9月

梵鐘の 余韻こもりて 秋の空     西澤吉昭

コスモスに 招かれて来し 前山寺   常麻 蓁

初紅葉 鐘の音ひびく 前山寺    小林紅香

七百年 未完の塔や 前山寺   

うさぎ追いし かの山は今も戻りて ここに在り 

くるみもち 真田の里の 秋日より

はぎ咲きて 白露の道を 歩みゆく  森サチ子

ながのけん おいしかったな くるみもち

あきが来た しぜんがいっぱい 前山寺

胡桃餅 待つ腹響く ゴリゴリと   加藤史佳

お三時に 右に左に 萩の花    及川侑

前山寺 友と食する くるみおはぎ

 

2015年8月

蝉の声 願いとどくか 鐘の音と    村西美恵子

鐘の音に 蝉しぐれの 前山寺    村西俊雄

山寺の 大屋根秋の 雲を置き   大高霧梅

もの言わぬ 時代の塔に 蝉の鳴く  新川佳子

深山に かすみにただよう 前山寺  謙三

蝉の声 うるさいけれど 気持ちいい  中村薫

夏空や 青ぎんなんも すずなりに   桂子

むくろ樹(じ)に 鐘の音とおる 秋はじめ

 

2015年7月

前山寺 紅あはあはと 走り萩     中野 一灯

前山寺 せみのなき声 きこえるよ

ぜんさんじ とりのなきごえ すてきだな

佳き人と 塔見返りつ 梅雨さ中    風来坊

山百合の かほる前山 三重の塔

梅雨に来て 山突兀と 前山寺    奥原 好子

夏蕨 未完の塔の ゆるぎなし     ふさこ

ムクロジの 花の幼なし 前山寺    長崎 玲子

階に 息吹き挙りて 苔の花      松本 郁子

山門を ぬけて彼の世へ 夏の蝶   中田 雅子

山百合の 香につつまれて 梵字の碑  中野 一灯

蔭涼し 七百年の 大欅        佐藤 とみお

 

2015年6月

朝日さす 緑のむこうに 未完の塔     上村 岳

紫陽花の 花の数だけ 君を想ふ      大鳥

新緑に つつまれ露天に 身をしずめ   まどか

たおやかに 友と語りし 前山寺

梅雨空に 苔むし繁える 茅葺きの屋根

 

2015年5月

つらつらと 登りたり それ 三重の塔                     阿部美穂

前山寺 配下にまみゆ 真田郷              阿部美穂

自撮棒 笑顔集めて シャガの花

前山寺 孫と参らば 藤の花               畦薫

新緑の 燃える五月の 若葉かな             すがの

未完成 つつじ彩る 前山寺               宮坂 元

茅ぶきの 古刹の寂と 緑なす

春蝉や くるみおはぎの うましこと           飯高 悟

新緑に なんじゃもんじゃの 白き花           飯高 悟

藤棚に アブの羽音の ハーモニー

ふじのたな かおりゆたかな いこい寺

 

2015年4月

しなのじの 春の佳き日に 二人旅    ひめ              

三重の塔 昔をしのばる 月日かな        

七百年の 欅大樹や 囀れり       中西 光    

咲く桜 わが身にあまる 幸の日に    山野                

運ばれし 水の行くへに 誘われて たどり着きしは 天の耳元 

 

2015年2月

御朱印で初めて芽生えた信仰心   しろう
風花や 塔の背へ薄日差す     正子
かやぶきのかがやく穂色に 復活願う

 

2015年1月

初もうで 辺り一面 雪景色    彩乃
お守りを 買って安心 一年間   彩乃
元日に 氷雪まとう 前山寺
雪の寺 今年も一年幸せに
八十路すぎ 今年もこれた 前山寺 良貞
ゆきみちをのぼるしあわせ さんじゅうに  正規
つららとけ ポタポタポタと お経よむ   節子
のんのんと舞う雪の先 三重塔    一仁
三重塔 白き衣を まとい立つ
雪道を御願まいりにたずねおり    静江


#