獨股山 前山寺

未完の塔 くるみおはぎの接待

2016年

2016年11月

くるみ餅 古刹めぐりや 冬の空    ひさ子

六百年 歴史を見つめる 紅葉かな

移りゆく 自然と生きる 前山寺    歩

くるみもち もみじながめて したつづみ   ひとみ

見上げれば 歴史の深し 前山寺   山崎孝子

竜田姫 千々に染めゆく 野山かな  屋敷桂子

前山寺 秋の紅葉 まっさかり

手をひかれ 山門くぐり 紅葉かな   泉

 

2016年10月

赤とんぼ 一飛びとんで 空広し   柳星

白萩の 生垣にして 風と住む   小林和子

秋雨に 身清めらるる 前山寺   中村栄男

秋雨の あがりて参る 前山寺

秋天や 信濃の塔に 昼の月

前山の塔 見上げてみれば 雲流る  優子

鳴き急ぐ 七日の命 蝉しぐれ

ぎんなんの においが香る 前山寺

 

2016年8月

新涼や 塔にそぼふる 小ぬか雨

ひろうした 心をすてに 前山寺

山寺に こたえをもとめ 朝散歩

前山寺 おはぎおいしい お寺かな

汗にじむ 祖母の手をひく 夏階段

真言の 降る山寺の 静けさや

三重塔 見上げてはせる 数百年

蒼天に 三つ重なる 塔と蝉

物干しに 男の衣だけ 秋立ちぬ

静けさに せみのなき声 いそがしく

晴天の 蝉鳴く空に そびえ立つ

 

2016年7月

梅雨ぞらに バス旅行でも 手を合わせ

梅雨さめの 激しきあとの 蝉しぐれ      あゆみ

山門へ 悟され登る 蝉時雨       三尾和子

汗かきても 心は涼む 御塔かな      おさむし

霞む山 梅雨雨降りし 鐘の音        神田

夏盛り 母との思い出 未完の塔

真田郷 思いで深く 前山寺

2016年6月

あじさいに ほっと一息 梅仕事

あじさいや おはぎ食べたし 前山寺

せみの声 年を取る度 変わるかな

風がふく 上田の里の 前山寺    山内大一

鳴くせみの 梅雨明け前の 暑さわく

しんしんと 緑に響く せみの声

蝉のこえ 未完の塔に 再会す

梅雨なかば かやぶきの屋根 かがやきて

未完なる 古塔静まり 風香る     侑

梅雨晴れ間 独鈷の山見て 和むかな

2016年5月

新緑や 古刹のままの 前山寺   内藤敏雄

新緑に 時の鐘を 七つ聴き

くるみおはぎ 鐘の音響き 夏真近か  福島友子

初夏の風 大河のちから 真田丸

訪ぬれば なんじゃもんじゃの 花咲けり

これがまあ なんじゃもんじゃや 山の寺  長塚健

樹木医の 咲かせし寺の 藤の花  森田孝子

藤ちって 三重の塔 ちいさけり   健

梵鐘の 鳴りひびくなり 前山寺 友と歩みつ 初夏の風

                        黒須千代子

はるばる旅に 来てみれば ついた所が 前山寺 

                 心しずかに 手をあわせ

 

2016年4月

桜咲く 朝静けさに 手を合せ

遠山に 強かぜ吹いて 花は葉に    佐藤孝志

花ひらり 真田の郷と 散りゆきて    昌子

れんぎょうの 小道の先に 三重の塔  筑山

三重の塔 屋根それぞれに 春の風  筑山

静けさや つつじ五分咲き 前山寺

旅人が 迷い迷って 三重の塔

 

2016年3月

名残り雪 山の目ざめを 待ちわびる

梅香る 春を迎えし 前山寺       かおり

前山寺 春の息吹にと 桜つぼみ    卓暁

故郷へ 別れを前に 前山寺      愛

家族でね 笑顔重ねる 前山寺     早規

久し振り 戻りし故郷 春寒き      和男

はるばると 来てみたり 前山寺     

花はまだ めじろが鳴いて 山静か    伊都子

藤の花 咲きしを夢み 三重の塔

太っちょケヤキ 七百年の 重みかな   ひとみ

病みあがり 友に引かれて 前山寺    佳明

福寿草 今その時を 大切に       細越 美和

春分の日の 前山寺 三重塔      うめ

 

2016年2月

雪景色 見比べ拝む 三重塔   及時雨宗江

母娘旅 登って登って 前山寺   喜乃治

御朱印に 思い出重ね 前山寺   安美

家族でね 参拝来たよ 前山寺   

雪の道 孫と一緒に 寺まいり    宮島愛子

 

2016年1月

静寂の 中の充実 雪しづる    堅助

初春や 孫と拝みし 前山寺    秀代

初春や 合格祈願の 前山寺   真

若き日の 思い出かたる 前山寺  悦子

松葉にも 世界が宿る 我が子の手  史子

冬の日に 光一筋 塔に射す   濱本光

寒なれど 我をうるをす 未完の塔  智弘

雪ふりて 澄んだ空気に 鐘なりひびく

静けさに ふと気がつけば 時を忘るる  航


#